SEOという言葉を皆様はよく耳にすることがあるかと思います。SEOとはSearchEngineOptimization」の略で検索エンジン最適化と訳されます。具体的な説明をするとあなたが「本革財布」などで検索した際に自社のサイトを一番上に表示させる施策になります。この検索結果で一位に表示されることによってECサイトであれば売上に直結したり、アフィリエイトサイトであれば媒体としての強さを示し収益化を行うことができます。しかし、今回は逆SEOについて書いていきます。そもそも逆SEOとは言葉通りの意味ですが通常のSEOと逆のことを行います。つまり特定のキーワードに対して順位を下げる施策を行っていきます。それではなぜ逆SEOを行うかをみていきましょう。

逆SEOを行う理由は一体何!?

先ほどのご説明の中でSEOを行うことで売上に繋がり収益化できるサイトであると記載いたしました。ではなぜ逆SEOを行う必要があるのでしょうか?それは会社や個人が特定のキーワードで検索されたくないという理由があります。例えばアパレルの会社がECCを行っているとします。しかし、そのサイトが「ファッションダサイ」というキーワードで表示されていたらマイナスのイメージになりますよね?また、検索キーワードでブランド名を検索すると「ダサい」や「安っぽい」など自社ブランドに悪い影響を及ぼすサイトがあったら売上の邪魔になるかと思います。このように自社のイメージやブランドイメージに悪影響を及ぼすようなキーワードやサイトの順位を下げるために逆SEOを行います。もっとも風評被害のあるものはまとめサイトや某有名掲示板などが際たる例ですね。

実際はどうやって順位を下げていくの?

では逆SEOは実際にどのように順位を下げていくのでしょうか?それは主にSEO施策と反対の施策を行っていきます。例えば逆SEOをかけたいサイトに対して低品質なリンクを貼ったりします。Googleは特定のサイトと似たようなサイトからリンクを貼られていたり、評価の高いサイトからのリンクが張られているサイトは良いサイトと認識して順位を上げます。逆に化粧品のサイトであるにもかかわらず競馬情報を掲載しているサイトからリンクがあったりすると順位が下がります。また、逆SEOの手法としてコピーコンテンツの作成があります。Googleは同じ情報が書かれているサイトがあった場合にはコピーコンテンツとして順位を下げます。それは同じ情報が掲載されていてもユーザーが好まないからです。このような逆SEOの施策を行うことで順位を下げていきます。

安全で、信頼性のある方法で、インターネットでのリスクを対策します。 シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 ネガティブサイトを見せないようにしたい、逆SEO対策が必要なお客様へ。 逆SEO対策でネガティブなサイトを見えないように。 WEBに氾濫する誹謗中傷や個人情報の漏えいなどのリスクの対策を行います。 逆SEOなら当社にお任せください