無線綴じ冊子の初心者でも印刷できる簡単な方法と手段

インターネットで業務を受け付けている印刷会社などを見ていると、よく無線綴じ冊子というものを目にします。ほかにも中綴じなど種類がある印刷方法ですが、具体的にどのような印刷方法なのか理解していない人も少なくありません。この無線綴じ冊子というのは簡単に言えば、ホチキスなどの芯や糸を使って綴じない製本技術のことを指します。接着するためには糊があればよく、ホチキスの芯で怪我をするということもありません。ホチキスなどで止める場合は、あまりに綴じる枚数が多いとうまく冊子にならないということがありますが、この無線綴じ冊子は枚数の限界値がはるかに多く、大量のテキストファイルなどを冊子にまとめるときに重宝する製本技術なのです。そのため、文庫本などのページ数が多い書物を思い浮かべてみると、ホチキスなどで止められているものはないでしょう。

どれくらいの枚数を無線綴じ冊子にしたほうが良いのか

それでは気になってくるのは、いったいどれくらいの枚数を超えると無線綴じ冊子にすればよいのかでしょう。ほかの製本技術では中綴じというホチキスなどを用いた製本技術がありますが、一度に針で開けられる限度というのは決まっているので、数十ページ程度の枚数ならば、この中綴じを利用したほうが読みやすくて便利でしょう。無線綴じ冊子は圧倒的にページ数が多い印刷物の場合に用いたほうが便利で、ページ数に制限がつかないことも利点となります。また、インターネットの印刷会社などは一度に大量の部数やページ数の印刷物を請け負っていることから、この無線綴じ冊子タイプの印刷物をあげていることが多いのです。では、インターネットの印刷会社にはどのように依頼を出せばよいのかもあわせて知っておきましょう。

印刷会社を比較検討することが大事

インターネットの印刷会社は数が多いため、事前に比較しておくことで賢く依頼することができます。無線綴じ冊子などの製本技術は同じだとしても、印刷会社によってはサービス面での違いが大きくあるのです。それが費用面であったり、強みを持っている製本ジャンルなどでしょう。まず費用面は依頼する側としても一番重要になってきます。誰しも安い値段で質の良さや量を求めるものですし、よりお得に感じられるように割引サービスなども行っている印刷会社があるほどです。ほかにも印刷会社によって文庫本などの書籍形式が得意だったり、論文などの製本が得意だったりと対応ジャンルというのは異なります。そのため、自分がどのタイプの印刷を依頼したいのかはっきりさせて印刷会社を探すことで、よりニーズに適した依頼先を見つけられるのです。