初めて無線綴じ冊子を印刷するときの方法

パンフレットや同人誌などを作成するときに検討しなければいけないことの1つが、印刷方法です。枚数が少ないときや発行する部数が少ない場合などは、コピー機など自分で冊子を作ることもできますが、部数やページ数が多い場合などは印刷会社に依頼して冊子を作ってみるのはどうでしょう。特にページ数の多い厚みのある冊子を印刷する場合には、無線綴じ冊子での作成がおすすめです。無線綴じ冊子とは、針金や糸を使用せずホットメルトと呼ばれる糊で冊子の背を接着して綴じる製本方法で、中綴じなど他の綴じ方と比べて厚みがある冊子の作成に向いています。今回は印刷会社に依頼して製本を行う、無線綴じ冊子の印刷についてご紹介します。同人誌やパンフレットの作成など、印刷会社で製本を検討するときの参考にしてみてください。

無線綴じ冊子はどんな冊子の印刷に向いている?

糸も針金も使用しない無線綴じ冊子での印刷は、どのような冊子を作成するときに向いているのでしょう。無線綴じ冊子はホットメルトと呼ばれる接着剤を熱で溶かして、本文と表紙を直接貼り付けて綴じる製本方法です。そのため、ページ数が多い厚みのある冊子を作ることができます。商品カタログなど、どうしてもページが多くなってしまうものを印刷するときにおすすめです。また会社のマニュアルなど内容によっては分厚くなりがちなものも、無線綴じ冊子で印刷すると調整しやすくなります。この他にも無線綴じ冊子の特徴を生かしたものに、背文字のある冊子があります。無線綴じ冊子は糊で冊子の背を接着するため、背文字を入れて美しく製本をすることができます。そのため、同人誌やサークルの小説などの冊子を作る場合にもおすすめの印刷です。

無線綴じ冊子を印刷するときの注意点は?

無線綴じ冊子で印刷を行う場合、注意する点はあるのでしょうか。無線綴じ冊子はページ数の多い厚みのある冊子を作成するときに向いている製本方法ですが、逆に厚みがないページ数の少ない冊子を作成することは難しくなります。無線綴じ冊子は、冊子の背の部分に糊付けをして製本するため、ある程度厚みがなければ接着することができなくなるからです。また、無線綴じ冊子の特徴上、ページの真ん中部分を開くことができないため、見開きでページを作成する場合は注意が必要です。無線綴じ冊子の真ん中部分は接着されているため、イラストや写真を見開きで載せる場合にはそのことを考慮して作成しなければいけません。また、出来上がったときに読みやすくなるように、余白を持たして作成するなど、注意してデータを作るようにしましょう。