印刷された無線綴じ冊子の利用目的とは何か

製本や印刷業界において冊子の背を糊でくっつけ固め、糸や針金などを用いないで綴じる製本の呼称を、無線綴じ冊子と言います。分かりやすい代表例として、電話帳や通販のカタログ、コミックなどページ数の多い冊子です。また、一般的な書物の製本方式は無線綴じを多く利用しています。その無線綴じ冊子の製本方式を採用する目的や理由は、やはり情報量の掲載が多くなるとページ数も増えますので無線綴じ方式が適しています。またページ数が多くても無線綴じは調整しやすい特性があるからです。この綴じ方の利点は、背表紙があり背文字表記がされていますから書棚にあいて本が探しやすく、整理整頓につながります。そして背をしっかり糊で固めてあるため、本が長く良好な状態を保てます。一方、欠点を挙げるとページ数の少ない冊子には不向きとなり、製本には時間がかかることがあります。

初めて無線綴じ冊子の発注、印刷を行う際の注意点とは

初めて無線綴じ冊子の方式を採用し製本印刷を行う場合、事前に分からないことや知っておきたいことをクリアにしておく必要があります。まず発注依頼した無線綴じ冊子の背幅のサイズを確認し、どのくらいの厚みの製本に仕上がるのかチェックします。まず背幅は製本用紙の厚みとページ数により変化することを頭に入れておきましょう。そして背幅を算出する計算式があり、本文の厚さ×ページ数÷2の値と表紙の厚さ×2の値を足すと背幅の推定サイズが求められます。一方、レイアウトにおいて注意すべき点があります。無線綴じ冊子の特徴として、ページを完全に開くことは困難であるため、文字や図柄などは冊子の綴じてある部分からなるべく離して余白を空け記載すべきと考えます。その他、作成データに関する不明な点があれば、些細な事も含め印刷前に確認しておきましょう。

無線綴じ冊子の印刷手順や方法について

従来、商品カタログやテキストなど無線綴じ冊子の制作は、地域の身近な製本印刷業者に依頼していましたが、今ではインターネットを利用して簡単に製本と印刷が発注できます。価格面でもインターネット印刷業者の方が格安料金となる場合が多いようです。具体的な無線綴じ冊子の発注手順は、パソコンやスマートフォンの注文画面に注文内容を入力するだけです。まず本文の用紙、サイズ、色数、ページ数等の基本項目を設定します。次に、表紙の用紙、色数を決め製本形状や表紙のツヤ加工の有無を選択します。最後に納期と発注部数を設定し発注という流れになります。この一連の発注手順は、ほぼネット印刷各社共通と考えます。また料金にはデータ作成代やオフセット印刷料金、用紙代、納品梱包費用など全て含まれておりますので追加請求の心配は必要ありません。